FC2ブログ

ウスヒラタケ

ウスヒラタケ

ウスヒラタケ2

ヒラタケ科

ヒラタケと似ていて、同一視されていたこともありますが、
両者の交配ができないことから別種となりました。
ヒラタケに比べるとやや小型で肉が薄いことが、肉眼での
区別点です。
また、ヒラタケより暖かい時期に発生することが多いというのも、
知っておいてよいでしょう。

◎発生場所
初秋、ナラ、ヤナギ、カエデなどの広葉樹の枯れ木や倒木、
切り株に発生します。

◎見分け方
かさは薄く、扇型から半円形で、ほぼ白色から薄褐灰色をしています。
直径3~8㎝。
ひだは白色。
くきは短く、側生します。

◎料理法
歯ざわりがよく、味噌汁やうどんの具、煮物などに用います。
スポンサーサイト



プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク