FC2ブログ

ムラサキイガイ

ムラサキイガイ

イガイ科 イガイ属

ヨーロッパでは同属のヨーロッパイガイなどと共に食用とされ、
洋食食材にする場合は近似種とともにムール貝と呼ばれる。
日本でも20世紀後半から食材とされるようになり、
地方によっては在来種のイガイなどとの混称で「シュウリ貝」
「ニタリ貝」とも呼ばれる。
「カラス貝」「ムラサキ貝」と呼ばれることもあるが、
カラスガイ(イシガイ科)やムラサキガイ(シオサザナミガイ科)
とは全くの別種である。
殻はやや偏った水滴型で、大型のものでは殻長10cm 以上になるが、
普通は5cm 前後。
殻はあまり膨らまず、左右にやや平たい。
外側は光沢がある黒褐色から黒青色。
内側は青白色をしており、部分的に弱い真珠光沢を持つ。
「ムラサキ」の名があるが、黒褐色の殻皮が剥げた殻はむしろ紺色に近い。
尖った部分は殻の前端であるが、殻頂が極端に前方に偏しているため、
前端部と殻頂とがほぼ同じ場所にある。
反対側の丸く広がった方が後端で、直線的に殻が開く部分が腹側、
両殻がつながっている部分が背中である。
殻はアサリなどに比べると薄く、やや弾力がある。
前端から外側に広がる弧状の弱い成長線があるが、表面は概して滑らかで、
殻面にはフジツボ類や管棲ゴカイ類などが着生していることも多い。
腹側の殻の隙間から足糸(そくし)を何本も出して体を海中の岩などに
固定するが、若い個体は自分で足糸を切り離し付け直すのを
繰り返しながらわずかずつ移動することもできる。
足は細長い指状で一見貧弱だが、伸縮や屈曲は驚くほど自由である。
この足の根元から先端までは溝が走り、溝の最上奥部にある足糸腺から
分泌されたタンパク質はこの溝を鋳型として足糸となる。
足糸を接着したい対象に足の先端部を密着させたまま足糸形成をすることで、
足糸の一端をその対象に接着させる。
足糸は非常に強靭で、接着力も強いため、水中接着剤開発のための
研究対象となっている。
スポンサーサイト



プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク