FC2ブログ

ホッキガイ

ホッキガイ1

ホッキガイ2

バカガイ科

水揚げ日本一は苫小牧
北に寄る貝なので「ホッキ=北寄」

和名のウバガイで呼ばれることはほとんどなく、「ホッキガイ(北寄貝)」や
「ホッキ(北寄)」の地方名で流通しています。
殻長10㎝、殻高8㎝、殻幅6㎝ほどで、典型的な二枚貝の殻はハマグリ型で
厚く重いのが特徴です。
殻表に稚貝では黄色、成貝では灰黒色または暗褐色の厚い殻皮をかぶります。
食用にする足の先端は生の状態だと灰色がかった紫色ですが、ゆでると
薄い赤紫色に染まります。
太平洋側では干葉県、日本海側では富山県から北海道まで分布し、
朝鮮半島北部、沿海州、干島、サ八リン、オホーツク海にも見られます。
潮間帯から水深20m程度の浅い海の、河川水の流入や有機物の堆積が少ない
砂底に潜って生息し、海が荒れると海岸に打ち上げられることもしばしばです。
産卵期は5月下旬~8月中旬、1歳で殻長0.5㎝~1㎝に成長し、市場に並ぶ
殻長9㎝ほどに育つには6年~7年かかります。
漁獲されなければ約30年は生きるとの説もあり、「ウバガイ=姥貝」の名の通り
長寿の貝です。
近年、量販店などに赤みの鮮やかなホッキガイが出回っています。
これらの多くはカナダから輸入されている「アメリカウバガイ」で、
ウバガイの近縁種にあたります。
殻長13㎝ほどとウバガイよりもひと回り大きく、ゆでた足の色の赤みが
濃いのが特徴です。

◎選び方
肉質がふっくらとしていて、身がよく締まっている
足(斧足)の部分の紫色が鮮やかで濃い
貝のサイズが大きいものがよい

◎保存方法
殻付きを購入した場合、砂を含んでいるので殼からはずしたら塩水で洗い、
冷蔵します。
できるだけ購入した日に食べきります。
冷凍する場合は、一度ゆでてよく水を切りラップをかけて保存します。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク