FC2ブログ

2017.7.10じゃがいもの花

2017.7.10じゃがいもの花
スポンサーサイト



メークイン

メークイン

名前の由来は、ヨーロッパの春の村祭り(メーデー)の際、村の娘の中から
選ばれる女王(メイ・クイーン)にちなんだものです。
いもの形は長楕円体で、基部がやや膨らみ少し曲がっています。
皮色は白黄か淡黄褐で、目は浅く、肉色は淡い黄白、食感は粘質です。
煮くずれしないため、煮込み料理に最適です。
でん粉価が低くコロッケやフライには適していません。
わが国には1917年(大正6)にアメリカより輸入され、北海道には
1917年(大正6)~1918年(大正7)に導入されました。
収量性もそれほど優れておらず病害虫にも弱いなど、栽培しやすい品種とは
いえませんが、日本での人気は根強いものがあります。

男爵薯

男爵薯

生食用じゃがいも生産高の約60%を占めている品種です。
形は球状、目(くぼみ)が深く、肉の色は白、肉質はやや粉質、
ホクホクした食感が特徴です。
煮くずれしやすく煮物には向きませんが、粉ふきいも、マッシュポテト、
コロッケなど、つぶして利用する料理に適しています。
日本では1908年(明治41)に函館ドック専務取締役の川田龍吉男爵が、
イギリスのサットン商会から購入した種いもを試作させ、
栽培が広がったのがはじまりです。
川田男爵にちなんで「男爵薯」と呼ばれるようになり、1928年(昭和3)に
「男爵薯」の名で「メークイン」とともに優良品種となりました。
北海道における作付面積は近年やや減少しており、2002年(平成14)には
1万5,100haとなり、はじめて「コナフブキ」に抜かれました。

キタアカリ

きたあかり

ナス科 ナス属

北海道農業試験場で育成され、1987年(昭和62)に登録されました。
名前の由釆は生産地の「北海道」と、線虫被害に強いため、栽培に希望と
明るさをもたらすことを表現しています。
いもの形は扁球形、皮色は黄色で、目の部分に赤紫色の着色があります。
目の深浅、目の数はともに中で、肉色は「メークイン」より濃い黄色です。
でん粉価が男爵より高く煮くずれしやすいので、皮付きのふかしいも、
サラダ、コロッケなどに適しています。
栄養面では、ビタミンCや力ロテンを豊富に含んでいることからヘルシーな
じゃがいもとして人気が急上昇しています。
後志、十勝、上川などで多く栽培され、「黄金男爵」、「栗じゃが」などとも
呼ばれています。

じゃがいも

じゃがいも

ナス科 ナス属

国内作付面積の60%を超える
北海道を代表する野菜の横綱

「じゃがいも」の原産地は南米アンデス山脈からメキシコで、16世紀に
インカ帝国を滅ぼしたスペイン人によってヨーロツパに持ち帰られました。
日本へは江戸時代のはじめにオランダ人が長崎に持ち込んだのが最初で、
ジャワのジャガタラ港経由だったため「ジャガタライモ」と呼ばれ、
さらにじゃがいもと呼ばれるようになったようです。
北海道での栽培の歴史は1706年(宝永3)に瀬棚町で作られた記録が最も
古いものです。
その後、北海道の冷涼な土地がじゃがいも栽培に適すると判断され、
開拓使を中心にたくさんの品種が持ち込まれました。
現在では北海道の作付面積は国内の60%を超え、さまざまな用途に向く
新たな品種の改良が続けられています。
生食用品種では「男爵薯」と「メークイン」が現在も主流ですが、
栽培面だけでなく消費者の嗜好も考えたカラフルな品種などが
生まれています。
ちなみにじゃがいもとして食べている部分は「塊茎」という一種の地下茎で、
「さつまいも」は「塊根」、つまり根が肥大したものです。

◎選び方
大きすぎるものは空洞がある可能性がある
持ったときに重量感がある
しわが少なく表面がなめらかで、ふっくらした形をしている

◎保存方法
じゃがいもは光があたると、緑色に変色し苦みが出ます。
これはソラニンという物質で、芽に多く含まれており、
大量に食べると吐き気等を起こします。
暗い場所で、またできるだけ新陳代謝を抑えるために低温の場所に
保存しましょう。
りんごと一緒の袋に保存すると、エチレンガスの影響で
発芽しにくくなります。

◎品種
●コナフブキ
消費者があまり目にすることのない、でんぷん用品種。
●男爵薯
今も人気を誇るじゃがいもの代表格の品種。
●メークイン
煮込み料理などに向く、細長いじゃがいも。
●キタアカリ
外見は悪いが味が大変よい、期待のニューフェースといわれる品種。
●レッドムーン
さつまいものような鮮やかな外見のじゃがいも。

続きを読む

プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク