FC2ブログ

ムキタケ

ムキタケ

キシメジ科

ブナの枯れ木に群生する
ノドヤケやカタハなどの地方名があり、親しまれている

さまざまな広葉樹の倒木に発生しますが、主にブナ林のキノコ狩りの
対象になっています。
ムキタケの名は、キノコの表皮がするっとむけることからつけられた
ものですが、半円形からカタハ(片葉あるいは片刃)、また、熱い味噌汁などの
具にして食べると、つるっとしていて思わず熱いまま喉を通り抜けてしまい、
喉を火傷することがあることからノドヤケ(喉焼け)の地方名もあります。
このように古くから大いに親しまれ、利用されてきたキノコです。
ブナ林のキノコ狩りのこつは、ひたすら倒木探しを徹底することです。
似た毒キノコにツキヨタケがあり、注意が必要です。

◎発生場所
秋、広葉樹の倒木や立ち枯れ木、切り株上に群生します。

◎見分け方
かさは粘性があり、半円形、黄褐色で、微毛があります。
直径4~15㎝。
ひだは密で黄白色。
胞子紋も白色。
くきはごく短く、側生しています。

◎料理法
舌ざわりがよいので、味噌汁、煮物、油妙め、うどんの具などに用います。
スポンサーサイト
プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク