FC2ブログ

ハナイグチ

ハナイグチ

ハナイグチ2

イグチ科

強いぬめりのある赤茶色のイグチで、北海道や東北地方てはラクヨウあるいは
ラクヨウショウモタシの名でまた、長野県ではジコボウやリコボウの名で、
親しまれているカラマツ林を代表するキノコです。
秋のカラマツ林沿いの道路端にはいつも何台かのキノコ狩りの人たちの車が
止まっているほどです。
また時期になるとスーパーや八百屋でも売られています。
このキノコは、林の中でけっこう目立ちますので、たくさん採るこつは、
とにかく人より朝早く、林に行ことを心がけることです。

◎発生場所
夏から秋、カラマツ林に発生します。

◎見分け方
かさは赤茶色で、著しいぬめりがあり、直径5~15㎝。
管孔は黄色のち褐色で、幼いうちは膜におおわれています。
くきにはつばがあり、褐色で、粘性があります。

◎料理
ぬめりが強く、ナメコに似ますが風味はそれをしのぎ、味噌汁、
うどんの具などに用います。
スポンサーサイト



プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク