FC2ブログ

ピーマン

ピーマン

ナス科 トウガラシ属

緑美しく、栄養豊富なとうがらしの甘味種。
きらわれたのは昔のこと。
完熟ピーマンも人気。

辛味のないとうがらし

ピーマンという名前はフランス語(piment)に由来。
英語ではベルペッパー、緑色のものはグリーンペッパー。
名前のとおり、ピーマンはペッパー(とうがらし)の仲間で、辛みのないものです。
とうがらしの辛みの成分はカプサイシンといいますが、
ピーマンにはほとんど含まれていません。
熱帯アメリカ原産のとうがらしがヨーロッパを経て日本へ渡来したのは、16世紀のころ。
江戸時代にはかなり普及していたようです。
明治初期になって、ピーマンも含めてさまざまなとうがらしが欧米から導入されました。
今では日本の各地にはほどよい辛みのあるとうがらしの品種が栽培されています。
辛味種が広く栽培されるようになったのに対し、ピーマンはさほど普及しませんでした。
一般家庭の食卓にものるようになったのは戦後のことです。
ピーマンはビタミンCが多く、カロテンも豊富。家族の健康を気づかって
、あの手この手で食べさせようとする母親と、
ピーマン独特の香りをいやがる子どもとの根くらべが続いてきました。
しかし、最近は、大部分の品種はくせのない味に改良され、とても食べやすくなりました。
スポンサーサイト



プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク