FC2ブログ

2019.7.2クロソイ

2019.7.2クロソイ
スポンサーサイト



エゾメバル2014.07.24

エゾメバル2014.07.24

白老港にて
同行者 拓海

オウゴンムラソイ

 ハチガラ

ハチガラ2

フサカサゴ科

地方名:ハチガラ

ソイ類の中でも成長が遅く30cmを超えるものは少なく個体数も多くない為、
市場に出回ることはあまりありません。
黄金色の斑紋が特徴です。
身の締りが良く味は最高と言われています。
引きの強さは強烈で、希少価値も高いことから釣り人の人気は高い。

2012年8月1日
白老港にて
釣り人:エゾリス
同行者:長谷川さん

シマソイ

シマソイ

フサカサゴ科

地方名:シマゾイ、キゾイ

体に厚みがあり頭の部分に強い棘がたくさんある。
両眼間隔域は深くくぼみ、溝となる。
体色は黄褐色〜緑黄色で、体側に暗褐色の不規則な2本の縦帯があるのが特徴である。
沿岸の岩礁域にすみ、刺網で漁獲される。
卵胎生で春に仔魚を産む。
味はよい。

エゾメバル

エゾメバル

エゾメバル2

フサカサゴ科

地方名:ガヤ

漢字で「目張る」と書くほど大きな目が特徴
 
体は長卵形で目の前方と上方に明瞭な棘があります。
体の色は灰褐色、緑褐色、赤褐色などとかなりの個体差があります。
メバルに似ていますが、「尾びれの後縁が白いこと」「下顎にうろこがないこと」
などで区別できます。
日本では北海道に多く分布する典型的な北方系のソイ・メバル類です。
エゾメバルは卵ではなく仔魚を産み出す卵胎生魚で、
11月に雄が雌に求愛した後で交尾が行われます。
卵巣内に進入した精子は4ヵ月以上もとどまり、
卵巣が完熟する3月下旬~4月上旬に受精します。
雌の体内で孵化した仔魚は卵黄のみで成長し、5~6月ごろに産み出されます。
えりも岬以西太平洋、日本海、オホーツク海の沿岸で漁獲されますが、
ほとんどが混獲によるものです。
みそ汁、煮付け、から揚げなどに調理されます。
プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク