FC2ブログ

2017.7.20ハスカップ

2017.7.20ハスカップ
スポンサーサイト



ハスカップ2016.7.7

2016.7.7ハスカップ

これから、旬を迎えます。

ハスカップ

ハスカップ

スイカズラ科 スイカズラ属

お菓子にピッタリ、北海道限定生産のフルーツ

「ハスカップ」は、和名をクロミノウグイスカグラといいます。
ただ、ハスカップという呼称は、ケヨノミを含めて呼ばれています。
ハスカップの母種は、ユーラシア大陸北部、北アメリカなどに
自生していますが、日本では主に北海道、本州中部以北に
自生しています。
現在ハスカップは、道内だけで生産(栽培)されており、
北海道特産の果実として知られています。
古くから野生の果実が採取・利用されてきましたが、
近年の土地開発により自生地が狭められ、果実の入手が困難なことから、
1970年代になって栽培が始められました。
栽培品種としては、北海道立中央農業試験場により育成された
「ゆうふつ」があるのみです。
果実は独特の風昧があり、ビタミンとミネラルを豊富に含んでいるのが特徴です。
家庭では、菓子・ジャム・シロップなどに利用されます。

◎選び方
生果の場合、果皮が深い青紫色をして果粉が白くついている
腐敗したり、つぶれた果実がない
ごみや虫などが混入していない

◎保存方法
家庭では、果実を洗わずに小型のプラスチック容器に入れ、
ポリフィルムで軽く包んで冷蔵すれば、数日間保存できます。
それ以上長く保存する場合は、収穫後ただちに冷凍しましょう。

◎品種
●ゆうふつ
熟期が6月下旬~7月上旬、早生品種。
果実は銚子形または長円形で、1g程度。
果皮は濃い青紫色で厚さは薄い。
糖度は中くらいで酸度はやや低く、果肉は軟らかい。
1990年北海道優良品種。

続きを読む

プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク