FC2ブログ

ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリー2

アブラナ科 アブラナ属

フランスで栽培されたカロテン、ビタミン豊富な緑黄色野菜

「ブロッコリー」の原産は、「カリフラワー」と同じ西欧の沿岸暖地に
自生する野生カンランの一種であるといわれています。
6世紀頃フランス等で栽培化され、
耐寒性が弱く越冬できないものがカリフラワー、
越冬できるものがブロッコリーと呼ばれるようになりました。
キャベツ類に分類され、近縁には「ケール」、「葉ボタン」、「芽キャベツ」、
「キャベツ」等があります。日本では
昭和40年代から需要が伸び、現在使われているような品種群が
導入されるようになりました。
1,2年生草本で、葉は長楕円形で比較的大型です。
花芽分化は、ある程度大きくなってから低温になることにより促進されますが、
その温度や遭遇時問は品種により異なります。
これに感応する最低温度は21℃前後です。
花蕾は茎頂部につき、通常収穫されるのは主枝の1花房のみです。
冷涼多湿な気候を好み、適温は18℃~20℃で、
夜温はそれよりも低い方が生育は良好です。
花蕾の発育温度は15℃~18℃で、出蕾時25℃以上あると、
花蕾に異常が発生して商品価値を損ないます。
有機物の多い適湿地を好み、連作を嫌います。

◎選び方
緑色が濃くつやがあり、退色や傷み、萎れが見られない
茎に空洞がなく、変色せずみずみずしい
つぼみ(小花蕾)が密で、揃っている
花蕾の形がドーム型で、凸凹がない
濃い緑色で変色や黒変がない
持ったとき、締まりがよくフカフカした感じがない

◎保存方法
日持ちがしないので、できるだけ早く調理します。
葉を切り取り、ポリ袋に密封して冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。
冷凍は、固めにゆでて、房毎に小分けしてお互いが付かないよう
密閉袋等に入れておきます。

◎品種
●ピクセル
道内主力品種。
花蕾が夫きく色が濃緑で、きれいなドーム型。
茎の空洞が少なく、軟らかいため切り分けしやすい。
日持ち性もよい。
●ハイツ
盛夏期で栽培しやすく、夏から秋に出荷されることが多い。
小花の揃いが良好で、色はやや淡い。
リーフィが少ない。
●緑嶺
中生で、花蕾の厚さが大きく見映えする。
小花の揃いがやや不良。
茎の空洞は少ない。
●ステックセニョール
ステック状のブロッコリー。
茎の部分を中心に食用する。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク