FC2ブログ

スケトウダラ

スケトウダラ

タラコ

スケダチ

タラ科 スケトウダラ属

体は細長いやせ型です。
下あごが上あごより出ていることで、マダラやコマイと区別できます。
背側は褐色、腹側は銀白色で、全長約60cmになります。
朝鮮半島東岸から北米カリフォルニア南部に至る北太平洋と、
それに隣接する日本海、オホーツク海、べ一リング海の大陸棚と
その斜面水域に広く分布しており、日本周辺の南限は日本海側が山口県、
太平洋側が房総半島付近までです。
稚魚時代は比較的沿岸で生活しますが、成長とともに沖合の中・底層に
移動します。
成魚になると、冬~春の産卵期に接岸し、その後は分散して夏~秋は
回遊という生活を繰り返します。
TAC制度対象魚種です。
スポンサーサイト



コマイ

コマイ

タラ科 コマイ属

背側は黒褐色、腹側が銀白色で黄色味を帯びています。
全長約40cmになります。
日本海からオホーツク海、干島列島を経て、
べ一リング海峡北方沿岸に至る北太平洋沿岸に分布します。
南限にあたる北海道では、石狩湾以北の日本海岸、噴火湾以東の
太平洋岸、オホーツク海沿岸と特に道東海域に多く分布します。
産卵期は1月~3月の厳冬期で、現在は根室海峡の
野付半島周辺海域が大きな産卵場になっています。
産地では、体長15cm以下のものを「ゴタッペ」、
25cmくらいまでのものを「コマイ」、
それ以上のものを「オオマイ」と呼びます。
加工品として、塩干しが人気があります。

マダラ

まだら

タラ科 マダラ属

体は頭部が大きく、腹部が肥大しています。
上あごが下あごより突出し、下あご先端に1本のひげがあります。
背びれは3つ、尻びれは2つに分かれ、全長は1mに達します。
朝鮮半島周辺から北米までの北緯34度以北の北太平洋の大陸棚と、
大陸棚斜面水域に広く分布し、日本周辺では北海道周辺海域に多く、
南限は島根県沖、茨城県沖合までです。
マダラはスケトウダラより沿岸性、底生性が強く、
移動は大きくありません。
市場で取引される魚の多くは、卵を持つ雌が高く評価されますが、
マダラの場合は白子(タチ)の人気が高いことから、雄の方が好まれます。
しかし外見での判断はほとんどできないため、
漁獲されたものは雌雄の区別なく取り引きされるのがほとんどです。

◎タラをめぐる歴史あれこれ
北の海に生息するタラは、
古釆より北国の人々になじみ深い魚といえます。
それは北海道に限ったことではありません。
昔からノルウェー、イギリス、アイスランドを結ぶ
ノルウェー海域では大型タラがよく漁れるため、
北欧各国が競って漁場としていました。
9世紀にはバイキングが責重なたんぱく源として干しダラを
航海用の食料に用いたり、20世紀半ばにはタラをめぐって
アイスランドとイギリスの間でタラ戦争を勃発させるほど、
重要な水産資源でした。
北欧各国の冬の生活を支える収入源だけに、
戦争をしてまでもタラを求め守ろうとしたのです。
日本では、室町時代に身分の高い人の献立にマダラの名前が
記されています。
真冬にとれるため鮮度低下が夏期に比べて遅いこともあり、
沿岸に近寄ってきたマダラを漁獲し、
北国の産地から江戸や京都へ運ばれていました。
また、武士に喜ばれた魚でもありました。
保存するために口から内蔵を取りだし、
そこに塩を入れて出荷したため、「腹を切らない」ということで
当時の武士は好んで食していたようです。
北海道のマダラ釣り漁業は、明治時代の道南の松前地方が
発祥の地とされています。
開拓の進展とともに、恵山を中心に、北は熊石から南は戸井に
至る海域で漁獲され、後に道東の釧路地方まで広がって行きました。
漁獲されたマダラはサケと同様に貴重な交易品として、
正月を迎える江戸に送られていたそうです。

タラ類

たら類

タラ科

かまぼこからタラコまで北を代表する加工食材魚

「マダラ」は背部から体側にかけてまだら模様があり、
これが魚名の由来となりました。
日本では古くから食されており、室町時代には、
すでに北国で獲れた魚が江戸や京都に運ばれていたそうです。
「たらふく」食べるを「鱈腹」、「でたらめ」を「出鱈目」と
漢字で書かれるほど、節操なく何でもよく食べることで
知られており、大きな口で魚類やエビ類などを捕食します。
地方名では、マダラ小型魚は「ポンタラ」、コマイは「カンカイ」
などの呼び名があります。
「コマイ」は「氷下魚」とも書かれ、氷に穴を開けて釣りや
定置網で漁獲する漁法があります。
「スケトウダラ」はかまぼこ等のすり身原料として
よく知られています。
北海道においては1903年(明治36)頃、日本海側の岩内での
漁業が行われたことに始まり、その後道南日本海一帯に
延縄漁業が急速に普及しました。
噴火湾では砂原を中心に、
延縄による漁獲が1910年(明治43)頃から行われ、
1921年(大正10)頃から刺し網漁業に変わりました。
同じころ、日高・釧路地方や利尻・礼文島などでも、
延縄や刺し網が始まっています。
雄の精巣が「タチ」とよばれ流通するのは主にマダラと
スケトウダラのもので、「タラコ」に加工されるのは、
主にスケトウダラの卵巣です。

◎選び方
体の色が濃く、つやがある
目が黒く、澄んでいる
腹に弾力がある
切り身の場合は、透明感があり薄いピンク色である

◎保存方法
鮮魚は水分が多いために鮮度落ちが早く、
時間がたつとアンモニア臭がしてくるため、
購入後は出来るだけ早く食べましょう。
市場での流通が多い乾燥した干物や塩漬けした魚卵などは
保存がききますが、必ず消費期限を確認しましょう。

◎魚種
●マダラ
成魚は全長1mくらいになる大型の白身魚。
●コマイ
道東の冬の風物詩「氷下待ち網漁」が有名。
水温0℃以下でも生きられる魚。
●スケトウダラ
かまぼこの材料として有名。卵巣がタラコとなる。

続きを読む

プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク