FC2ブログ

キチジ

きんき2

きんき

フカカサゴ科 キチジ属

魚粕から高級魚の代表格へ朱に染まった高値安定の市場の華

今や高級魚の代表格ともいえる「キチジ」ですが、
大正から昭和にかけてはほとんどが肥料製造用に向けられ、
魚粕になっていました。
地方では「キンキン」、「キンキ」、「メンメ」、「メイメイセン」などと
呼ばれています。
キチジは「喜知次」「吉次」の漢字があてられ、
道内や東北地方ではタイに代わって祝い事に使われることもあります。
体色は鮮やかな朱赤色で、背びれの基部に大きな黒斑があるのが特徴です。
長卵形の体、強く鋭い頭部の棘、上あごの後が目の中央下に達する
大きな口、大きな目を持ち、体長は最大で30㎝以上に達します。
よく似た近縁の魚に「アラスカキチジ」がありますが、色が朱赤より
少し薄い桃赤色で、味はキチジに比べて劣るとされています。
駿河湾以北の本州、北海道および干島列島の太平洋側、
オホーツク海南西部に分布し、特に東北地方と北海道の太平洋側に多く、
日本海側にはほとんど見られません。
水深200m~600mほどの海底に生患し、短期的には大きな回遊をせず、
冬季には深いところへ、夏季に浅いところへ移動する程度です。
1991年(平成3)から海洋水産資源開発センターや
北海道立網走水産試験場などでオホーツク海のキチジの分布移動、
産卵生態などの研究が進められているほか、資源の減少が危倶される
高級魚ということもあって次期の栽培漁業の候補種にもなっています。

◎選び方
背びれの斑紋がはっきり見える
目がふっくらふくらんでいる
朱赤の色が鮮やか
腹が黄色く変色していない

◎保存方法
生鮮ものは基本的に購入した日に食べきります。
干物にする場合、背開きにし、塩をして1日ほど陰干した後、
ラップに包んで冷蔵します。
日持ちさせるなら、粕漬けやみそ漬けにしておくと2週間はもちます。

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク