FC2ブログ

ホタテガイの剥き方

[広告] VPS
スポンサーサイト

ホタテガイ

ホタテガイ

イタヤガイ科

育てる漁業の優等生
北海道におけるホタテガイ漁業は、明治20年代には小樽が中心でした。
その後、資源を取り尽くした漁業者がオホーツク海にでかけ、
桁網漁法が伝わったことから、オホーツク海や根室海峡の
ホタテガイ漁業が始まりました。
「ホタテガイ」の殻は扇形で、右殻(黄白色の方)は左殻(茶褐色の方)より大きく、
膨らんでいます。
左殻の表面には細い放射肋が18本~28本あり、
殻頂の前後両側に大きな耳状の突起があります。
干島列島、サハリン、北海道、本州北部、朝鮮半島北部に分布しており、
日本での南限は、日本海側では富山湾、太平洋側では干葉県です。
外海では砂泥や砂れきの水深10m~60mの海底に、右殻を下にし、
左殻の上に砂をかぶって生息しています。
サロマ湖や能取湖などでは、水深2m程度の浅い海底にも生息しています。

◎選び方
殻つきのものは貝をたたくと力強くすぐ閉じるものがよい
身をみることができたら、透明感がありふっくらしているものがよい

◎保存方法
貝類は出来るだけ保存せずすぐに食べましょう。
保存する場合は、貝柱の部分だけをラップなどでつつんで冷凍します。

続きを読む

プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク