FC2ブログ

ふのり

ふのり1

ふのり2

フノリ科 フノリ属

2月から4月にかけてが採取期で、寒い時のものほど風味が良いといわれる。
採取したフノリの多くは天日乾燥され市場に出回るが、少量は生のまま、
または塩蔵品として出回ることもある。
乾燥フノリは数分間水に浸して戻し、刺身のつまや味噌汁の具、蕎麦のつなぎ
(へぎそば)などに用いられる。
お湯に長時間つけると溶けて粘性が出るので注意が必要である。
近年、フノリはダイエット食品として注目されている。
また、フノリの粘性の元となる多糖質に抗がん作用があるとか血中コレステロールを
下げる作用があるなどという見解を持つものもおり、フノリの成分を使った健康食品なども
開発されている。
一方、フノリは古くには食用よりも糊としての用途のほうが主であった。
フノリをよく煮て溶かすと、細胞壁を構成する多糖類がゾル化してドロドロの糊状になる。
これは、漆喰の材料の1つとして用いられ、強い壁を作るのに役立てられていた。
ただし、フノリ液の接着力はあまり強くはない。
このため、接着剤としての糊ではなく、織物の仕上げの糊付けに用いられる用途が
多かった。
「布糊」という名称はこれに由来するものと思われる。
また、相撲力士の廻しの下につける下がりを糊付けするのに用いられたりもする。
その他、フノリの粘液は洗髪に用いられたり、化粧品の付着剤としての用途もある。
また、和紙に絵具や雲母などの装飾をつける時に用いられることもある。
スポンサーサイト



岩のり

岩のり3

岩のり2

岩のり1

ウシケノリ科 アマノリ属

海の浅いところに生育する柔らかな、薄状をした海藻。
噛むと甘い味がするので甘のりとも言われる。
スサビノリ、ウップルイノリ、チシロクロノリなどが養殖され、これを摘み取って
紙状にすいたものを全てのり、あさくさのりと総称して市販している。
各地で岩のりと称しているものは、養殖によるものではなく、天然の岩の上に生育して
いるものを摘み取ったものです。
のりの胞子は秋の彼岸の頃になると現れ、冬の寒い間によく成長する。
春になるとともに体は枯れてしまう。
この胞子は夏の間、海底の貝殻のなかにに穴を掘って生活する。
この貝殻中に生育する体のことをコンコヤリス、あるいはのりの糸状体という。
秋のはじめにコンコヤリスの上に胞子を生じ、この胞子が発芽してのりの体となる。

銀杏草

銀杏草1

銀杏草2

スギノリ目 スギノリ科

北海道では日本海側と道南太平洋の一部に分布します。
その形から、「仏の耳」「福耳」「ミミ」とも呼ばれます。
以前は建築用の糊(のり)の原料などに重宝されましたが、コリコリとした食感が好まれ、
現在では主にみそ汁や酢の物の具として使われています。
例年、春先にしか採らず、早い時期のものは食通の間で珍重されます。
地元では珍味海藻として、根強い人気です。
独特の歯ごたえがあるのにプルンプルンとした食感が人気です。

マツモ

マツモ1

マツモ2

マツモ3

イソガワラ目 イソガワラ科

マツモはその形が松葉のように糸状であることから,かつては松穂(まつぼ)と
呼ばれていたという。
マツモは大変美味な海藻であり,東北や北海道では採集され,そのまま「生まつも」
として,また乾燥させて「干まつも」「焼まつも」などに加工され,販売されている。
三陸地方では養殖も行われている。
からだは匍匐部と,そこから立ち上がった直立部からなる。
匍匐部は不規則に分岐した付着部が密に入り組み,塊状になっている。
匍匐部は多年生で,越夏した匍匐部からは初冬に直立部が芽生え,冬~春にかけて
直立部が叢生する。
直立部は円柱状の主軸と,主軸から密に輪生する短い側枝からなる。
側枝は上部のものほど短くなり,側枝からの更なる分枝は見られない。
直立部は柔らかい手触りであるが,匍匐部は硬い。
生体は緑褐色~濃褐色。

コンブ

こんぶ

コンブ科 コンブ属

北海道は古来からの「コンブ王国」

北海道の「コンブ」生産地としての歴史は古く、鎌倉時代には
アイヌ民族がとったコンブが函館から京都まで運ばれ、
宮廷や武士の慶事に使われていました。
その後コンブ漁が盛んになるとともに江戸時代には
町民や農民にも消費が拡大し、
日本海まわりの関西航路「北前船」の主要な輸送物となりました。
形態は根・茎・葉を持ちますが、
一般の植物とはその機能はまったく異なり、
根は岩に付着するためだけの器官で体の全面で栄養の吸収を行います。
ちなみに「海の中でダシが出ない」理由は、
コンブのダシのうまみ成分であるグルタミン酸が、
コンブの細胞膜が壊れないと外に漏れてこないことによるものです。
近年、コンブは1970年(昭和45)頃から
本格的な養殖事業が行われており、
サケ、ホタテと並んで栽培漁業の3大魚種とされています。
特に「マコンブ」の養殖は道南地方を中心に普及しており、
天然コンブの生産量を上回っています。

◎選び方
平らで幅が広く、肉厚である
黒味を帯びた緑褐色である
こすり合わせるとカサカサと音がする

◎保存方法
湿度が苦手ですので、乾燥した場所で保存しましょう。
ダシを取った後でもうま味が残っているため、
後で調理する場合は冷蔵や冷凍保存が必要です。

◎品種
●マコンブ
主に道南でとれ、葉が大きく深いダシが取れる。
●ミツイシコンブ
日高コンブとよばれ、多目的に使える万能コンブ。
●リシリコンブ
澄んだ良質のダシがとれるため、高級料理のだし汁などに使われる。
●ガゴメ
フコイダンの含有量が多い、近年話題の健康食材。

続きを読む

プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク