FC2ブログ

てんさい

てんさい

ヒユ科 フダンソウ属

「甜菜」は北海道特産の、砂糖の原料になる植物です。

砂糖といえば、「さとうキビ」を思い浮かべますが、フランス、ドイツなどの
ヨーロッパでは、砂糖といえば甜菜糖のことをさします。
あまり知られていませんが、全世界の砂糖消費量の約30パーセント、
日本では約25パーセントが、甜菜から作られた砂糖で占められています。

甜菜はビート(SUGAR BEET)とも呼ばれます。
分かりやすいよう砂糖大根と説明することもありますが、どちらかというと
外見はカブに似ています。
この根の部分に蓄えられている糖分を取り出して、砂糖を作ります。
見た目は大根やカブのようですが、分類上はほうれん草と同じヒユ科に属します。

北海道では、まだ雪の多い初春に種を蒔き、苗を育て、雪解けを待って畑に移植、
短い夏を経て成長し、収穫の秋を迎えます。
北国の風にそよぐ青葉は、大地を緑のじゅうたんで敷きつめ、黄金色に輝く小麦や
ジャガイモの清楚な花とともに、北海道の代表的な田園風景を演出します。
甜菜のうち砂糖の原料とならない葉の部分は、畑にすき込んで緑肥として
再利用されます。
根の部分は砂糖の原料となるのはもちろん、その絞りカスはビートパルプと呼ばれ、
雪に閉ざされる北国の冬の貴重な牛の餌として販売しています。

この他に、甜菜が秘める様々な機能を生かし、天然オリゴ糖のラフィノース、
調味料などに使用される食品添加物ベタイン等の生産を行うなど、新素材としての
分野でも非常に有望であり、用途の拡大に努めています。
スポンサーサイト



プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク