FC2ブログ

ホコリタケ

ホコリタケ

ホコリタケ科

成熟したキノコを押すと、頂点に開いた穴から、ほこりのような胞子が飛散し、
驚かされます。
キツネノチャブクロという粋な別名があり、腐朽木の周辺から生える近縁の
タヌキノチャブクロとは好一対の名ですが、正式和名としてはホコリタケの
ほうが優先しています。
オニフスベやノウタケと同じく、内部の白い、若いうちが食べ頃です。

◎発生場所
夏から秋、林内や庭に発生します。

◎見分け方
キノコは球状の頭部とくきからなり、白色のち淡灰褐色で、灰褐色の小さな
いぼが密生します。
高さは4~7㎝です。

◎調理法
表皮をむいて、フライや串焼き、煮物、椀種などに用います。
スポンサーサイト



プロフィール

エゾリス

Author:エゾリス
北海道苫小牧市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
米 (8)
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク